皆さんの質問が多かった内容をここで説明しようと思います。細かい事は抜きにして気軽にチャレンジしてもらいたいですが、気になる方は見てください。


・何を用意すれば良いですか

 

初心者用のお地蔵様の場合は、ノコギリと線引き、5本セットの彫刻刀があれば大丈夫です。ケガが心配な方は滑り止めのついた手袋をつけると良いです。

ノコギリは切れ目を入れる程度ですので100円ショップのノコギリでも大丈夫です。

テーブルの上で作業する場合は傷つかないように板や滑り止めを引いておくと良いです。

 

 


・彫刻刀について(ホームセンターの安いやつでも良いのか)

 

 

初級のお地蔵様の彫り方はホームセンターの安い5本セットの彫刻刀で彫っています。なるべく本職の彫刻刀を使わないで彫っていますので大丈夫です。本格的に始めたい方が買う場合が多いです。

(動画で説明します。慣れていないのでそこは許してください。)


・木を削るとバサバサになります。削り方はありますか?

 

二つの理由があります。彫刻刀の切れ味が落ちている場合と木の繊維に逆らって彫る逆目で彫っている。彫刻刀の切れ味が落ちている場合は後ほど紹介します。

木の削り方も動画で説明します。

そこまで逆目を気にしないでバサバサになったら反対方向から削るという感覚でいいです。楽しむのが一番!


・刃物の切れ味が落ちているので研ぎたい

 

研ぎは基本的に3工程あります。

『荒研ぎ』→『中研ぎ』→『仕上げ研ぎ』の順に研ぎます。

荒研ぎは大きな欠けが無い限り必要ありません。

 

『荒研ぎ』・・・刃物が大きくかけた場合。砥石は荒砥石

 

『中研ぎ』・・・小さな欠けや切れ味が落ちた時。砥石は1000番の砥石

 

『仕上げ研ぎ』中研ぎの刃がえりを研ぐ。砥石は仕上げ砥石

 

基本的には中研ぎ→仕上げ研ぎが一般的になります。

 


・木材はホームセンターで売っているものでも大丈夫ですか?どんな木材がいいですか?

 

彫刻に適している木材がありますので注意が必要です。

 

 杉や桐などは柔らかくて粘り気がないので仏像には向いていないです。かなり刃物を研がないと難しいです。また、木目が流れていたり節があると彫るのは難しくなります。

 

 

<仏像はどんな木材を使っているか ラジオ配信>


仏像彫刻について無知なので何か勉強するものはありますか?

 

こちらでメールマガジンを作りました。上記の内容と被る内容がありますが参考にどうぞ。

 ==========仏像の作り方が学べるメルマガ ==========================

内容 ・安い彫刻刀と高い彫刻刀について ・仏像彫刻の木材について ・仏像彫刻のコツ