2019年

8月

17日

仏像に垂直線を引く方法

趣味で仏像彫刻をしている方から、よくある相談です。

仏像がまっすぐ立っている様に見えない。斜めに立ってる仏像になってしまう。

 

これは中心線が斜めになっている事が多いです。仏像は図案にマス目をしっかり書いて木にも書いて彫っていくと、この問題は解消されると思います。横線を引く方法は前回のブログで載せた様にトースカンを使います。前回のブログはこちら

縦線はL型の定規を使います。まずは図案に縦線を書きます。必ず中心線から先に書いて等間隔に線を書きましょう。

L型の定規を作ってみました。こちらもホームページで販売しています。こちらをご覧下さい。

使い方は動画でまとめてみました。

2017年

11月

30日

鉛筆トースカン 販売

木彫りをする上で大変便利なのがトースカン。

 

トースカンは水平線を引ける便利道具で図案通りにものを作りたい時に大活躍します。

例えば下の写真の様に図案にマス目を引きます。

 

そして彫る木にもマス目を引いて図案を描きます。

木彫りをしていると図案が消えてどこが肩や手か分からないなんて事がありますよね。

 

 

そういう場合は消えた図案は書き足さなくても水平線を引いておけば図案のマス目の位置と木材のマス目の位置を比べて手や肩の位置を割り出せます。

ポイントは、線が消えたらこまめに付け足す。これが大事です。そうすれば図案に忠実に彫れるようになって来ます。

 

ただ買おうと思っても金属のものばかりで先端に鉛筆付いている物が無い。

しかも高い。

 

なので余っている木材で鉛筆トースカンを作りました。

今回のは高さ20センチのトースカンですがアームが長いので33センチの高さまで。

 

もうすでに予約が入っています。

 

材料のあまりでやっているので形の違いはご理解下さい。その分3500円とお安く作っています。

 

2016年

12月

03日

仏師ブログ始めました。

今回は、ホームページでも紹介している仏像の手の彫り方の紹介です。

<メディアで話題になりました。>

<メインHPです>

仏像、仏像彫刻情報を無料メールマガジン配信

Facebookページ  3500いいね!